深刻な性感染症を問題視する

(風俗嬢⇒性器クラミジア/毛じらみ)などのように以外と身近に潜んでいる性病の実態を探っていく事にしましょう! - 様々な性感染症を見てみよう!

更新情報

プロフィール

dfasdbasdbv

【misslouisianagulfcoast】

様々な性感染症を見てみよう

様々な性感染症を見てみよう!

性感染症は早期発見が大事なんです!

性感染症は、性交渉ですとかオーラルセックスでうつってしまうものです。

病気の種類も様々ありますが、特に若年層の中の知識として「命をとられるものじゃないし」などという軽視した考えを持っている人が多いようです。

性感染症

確かに、軽度であれば1週間ほどで治癒させることができますし自覚症状が少ないものも沢山あります。

しかし、簡単に考えてはいけないのです。

安易な考えで取り返しのつかなくなる前に

最初は自覚症状がたいした事のない性病であっても、時間が過ぎればどんどん重症化していきますし、その分自分自身の体も蝕まれてしまいます。

病気の中には、内臓的な問題が出できてしまうものもありますし、もっと怖いものですと脳炎などを引き起こすものも存在しているのです。

また、感染力も強いものが多いのでパートナーだけではなく家族など一緒に生活をしている人まで巻き込んでしまう可能性も。

病院などに出向く

ですから、きちんと早い段階で病院などに出向くようにしましょう。

そして、深刻に捉えている人に向かって揶揄するなんていう非常識な人もいるようですが、いつ自分が同じ立場になるか分からないのが病気です。

決してバカにするような気持ちは持たないようにしましょう。

当事者だけではなく、それを身近に見ている人も問題視して行くことが、病気に対する意識向上に繋がるのです。

 

細菌性膣症の原因と症状

細菌性膣症という病気は女性だけが感染をする病気となっています。

性感染症であるカンジダ感染症やトリコモナス、淋病、クラミジア感染症は、菌が体内に侵入をして感染をすることになるわけですが、細菌性膣症の場合は、もともと体の中にいる細菌が増えすぎてしまったことによって発症する病気となっています。

最近が膣で繁殖しすぎてしまうと、膣に炎症が発生をします。

関係を持つ回数が増えるほど感染する場合もある

細菌性膣症は、色々な男性と関係を持っている女性ほど発症をする確率が高くなっているのですが、この他にも、疲れがたまっていて免疫力が下がっていたり、月経中に発症をしてしまうと言う事もありますから、性行為によって発症をしてしまったとは限らない病気となっているのです。

細菌性膣症は、痛みよりもおりものがいつもと違っているということが多いです。

細菌性膣症

そのため、自覚症状がなく、細菌性膣症に感染をしていることに気づかないということが多いです。

悪臭を発しているおりものであたり、灰色っぽい場合、細菌性膣症を発症している可能性があります。

妊娠時は特に気を付ける

もしも妊娠をしている時に、細菌性膣症を発症してしまったり、治療を行わなかった場合、早産や流産をしてしまう可能性も高くなってしまいます。

妊娠をしているのであればすぐに治療に取り掛かるようにしなくてはなりません。

細菌性膣症を放置していると、子宮口に硬さが失われてしまい、子宮内の胎児が流れてしまったりしやすくなるのです。

妊娠をしてから16週以内の場合は、特に流産をしてしまう可能性が高くなってしまいます。

 

万が一の時の為にする事

 

性感染症を勉強しようとするときや、実態を知りたいと思ったとき、その推移なども一緒に見ておくとより把握しやすいかと思います。

例えば、カンジダについて。

この病気は、女性のほうが比率が高く、また日本における性病の調査でもっとも多くかかる人がいる病気なのです。

具体的に数値などを示したものを読むのも良いとは思いますが、表などになっているものを見ればより分かりやすいですし、視覚的効果もありますので「これだけ増えているのだから自分もなるかもしれない」などという意識を持つようになるでしょう。

そのような意識を持つことこそが、予防していこうという気持ちにも繋がっていきますし、カンジダだけではなくその他の病気に対する認識力にも広がって行くこともあるでしょう。

ネットで色んな情報を理解する

このようなものに関しては、インターネットなどにも様々な情報がありますし、本などからでも情報を得ることが出来ます。

また、病院などでパンフレットとして配布しているところもありますので、少しでも興味を持つようであれば見てみてください。

その興味が、感染を広げない行動につながったり、万が一自分がかかってしまった時に適切に行動できるようになったりといったことにもリンクしていくのです。

 

 

その他性病の種類について

・サイトメガロウィルス

サイトメガロウィルスは、肝炎や体のだるさ、発熱といった症状があります。

サイトメガロウィルス

ヘルペスウィルスの一種となっており、人と接触をするだけでも感染をしてしまうこともあります。

また、血液や母乳、精液などからも感染をすることがあります。

日本では、20歳になるまでに何かしらの感染症に発症をしたことがあります。

ですから、抗体を持っていて、サイトメガロウィルスを再発しにくくなっているのですが、100%再発をしないとは限りません。

20代までの場合、体がダルい、発熱などの症状があるのですが、輸血をしたことによって感染をしてしまったのであれば、1か月以内に発症して、肝炎も症状として現れることもあります。

妊娠中に感染をしてしまうと、死産や流産の確率が高くなってしまいますから注意が必要です。

・鼠径リンパ肉芽腫

リンパが腫れてしまったり、水ぶくれができてしまうといった症状があります。

クラミジア菌の種類の一つとなっており、海外では感染をしている人が多い性病となっています。

鼠径リンパ肉芽腫

この鼠径リンパ肉芽腫というのは、3つの期間が存在しています。

初期段階は、腫物や水泡が性器にできます。

感染をしてから2週間程度となっているのですが、痛みなどもなく自覚症状として感じることもありません。

第二段階として、太ももをとおっているリンパ節に腫れが生じてしまい、腫れから膿が滲み出てきます。

そして、そのまま放置をしてしまうと最終段階に突入をしてしまい、直腸狭窄やリンパ浮腫などといった合併症を引き起こすことになります。

・膣前庭乳頭症

少陰唇や膣口にできてしまうブツブツとなっているのですが、これはあくまでも生理的なものであり、性病には分類されません。

男性でいうところのフォアダイスと同じようなものです。

ですが、病院で尖形コンジローマと間違われてしまって、抗がん剤を塗られてしまい、体調を崩してしまうという患者もかなり多いのが実情となっています。

ですから、評判のいい産婦人科でしっかりと診察をしてもらい、誤診されないように気を付けなくてはならないでしょう。


2016年9月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

カテゴリー

アーカイブ